曼殊院門跡

眩しい新緑。朝の曼殊院門跡の写真です。

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

このレンズは画角の狭さを除けば必ずしも用途をマクロレンズと制限する必要のないレンズだと思います。遠景もボケ味も発色も、何を撮っても素晴らしい。薄いもみじの緑の葉っぱの色を、こんなに綺麗に切り取ってくれる。ただしDXフォーマットでこのレンズを振り回すと35mm換算で160mmの望遠となるわけですから、どうしても使用できるシーンはかなり限られます。