日没直後の北の空、マジックアワー

そして日没直後の北の空。この時間帯はマジックアワーと言って数分間のうちにもどんどんと空の色が変わってゆきます。水色があっという間に薄い青紫色になり、やがてしばらくすると暗い夜の空になります。この日は大変冷え込んで寒い夜になりました。

Nikon D5000にAF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-EDをつけて撮影しました。焦点距離は広角端の18mm(フルサイズフォーマット換算で27mm)。

日没直前の北の空

日没直前の北の空。愛媛県から見た瀬戸内海で、対岸に見えているのはたぶん広島県です。

横から光があたり、日没直前独特の印象的な雲の色になりました。Nikon D5000にAF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-EDをつけて撮影しました。焦点距離25mm。

D5000はいわゆる普及機ですが搭載しているCMOSセンサーはD90と同じで、D90はD300と同じセンサーですので、つまり普及機のD5000も先代のDXフォーマットのフラッグシップと同じCMOSセンサーを搭載していると言えます。これは大変お得なことですね。